ハイレゾの感想~!ハイレゾアンプ

思い切って箱の上面につまみが付いててもよかったかもしれません。【音質】何分素人耳なのでお役に立てずすみません。ブルートゥースも簡単に接続されました。

こちらになります♪

2017年03月20日 ランキング上位商品↑

ハイレゾ ハイレゾアンプハイレゾを堪能できる、Bluetooth対応 真空管ハイレゾアンプSFD225HRHB

詳しくはこちら b y 楽 天

大手にも同様の価格帯のアンプは多くありますが、それらにはないクラフトマンシップを感じています。。全体的に柔らかい音です。高音の伸びがあるのではと思うので、今度ハイレゾスピーカーを購入して試してみたいです。また!シリアルナンバー記載のチェックリスト(手書きのサイン付)や真空管に触れるため手袋まで同封されていて!サウンドファンさんのこの商品にかける思いを共有した気がします。今回、普段ポップスを聞いていますが、オーディオ関係のシステムを変更するのに購入しました。真空管は初めてなので、比べるものはありませんが、コンパクトで利用価値は十分あります。【使いやすさ】三種の入力があって使い勝手はよいと思う。せっかくのシステムなので!ノートPCを入手したらPC直結も試してみたいです。普段!Bluetoothは利用しませんが!比べると音のクリアさがわかります。長く大切にしたいと思います。【使いやすさ】コンパクトなのでボリュームの操作感が気持ち細かいです。私には低音も問題なく響きます。【機能性】真空管ヒートシンクはデザインだけではありません。約半分のダウンサイジングなのでちょっと心配でしたが、素人耳には聴き分けつきません。【デザイン】シンプルシックなコンテンポラリーデザインですが!ちびでもそこに真空管が立ってると思うだけでうっとりしてしまいます。⇒【】それなりの質感がありコンパクトなのはいいんですが肝心の音もそれなりといった感じです。以前のUSBDACに比べて使い勝手は向上した。【デザイン】角はしっかり面取がしてあり、素材にこだわった(アルミダイキャスト)美しいデザイン。真空管アンプの雰囲気はあるので買って損はないとは思います。ハイレスで聞くと、音のクリヤさが目立ちパワーも十分なものでした。スピーカーは、ビクター SX−L5での使用です。【その他】迅速に出荷対応をいただき!ありがとうございました。ボリュームつまみの手ごたえも良好です!【音質】25Wかつ真空管アンプを初めて使用しますが!鳴り出しは感動しました。当然ボリューム最大にしても熱雑音は皆無。今のは低音が弱いですね。まさかオーダーから20時間で手元にあるとは思いませんでした。MACを思わせる梱包も洒落が効いていてグッドですね。【その他】アップルミュージックをBluetoothで飛ばして聴くことが増えたので!右が切れがちになったDENON DRA-F100-Nを買い替えました。 思ったより小型でした。【】【デザイン】全体的によいデザインだと思うが、真空管プロテクターのネジがきつくてなかなか入らなかった。冒頭の記述からお察しください。ニンマリ出来ます。【機能性】I/Fは、Bluetooth、USBDAC、LINEと切り換えられて便利ですが、USBDACは有線でつなぐので、つないでいる以上接続しているというのが当たり前ですが、Bluetoothも切り換えを別にしていても、ONの状態になるので最初なぜiPhoneがならないのか分からなかった。BluetoothiPhoneまたはPC+サンワサプライMM-BTUD43で!旧機+BelkinF8Z492JAより圧倒的に優れますが!クラシックを聴く時はCDプレーヤー(DENON DCD-F100)をオーディオ用RCAケーブルでつないで使っています。さっそく、ユーチューブのジャズを聴いてみましたがゆったりした良い音で聞いています。それと真空管プロテクターのために真空管の光などあまり見えない。そして!しっかりと「ハイレゾ対応」の証のステッカーが誇らしそう。クラッシックもよい感じでした。iTunesとの相性も良です。切り換えで電源コントロールが出ていると良いと思うが、まあ、慣れの問題かもしれない。【音質】今はハイレゾ用のスピーカーでないので!正当な評価ができないが!以前のアンプの方が低音が響いていた感じ。強引にねじ込んだ感じ。入力切替もちっちゃい三路のトグルスイッチで、これはコストネックかもしれませんが回転式の方が操作性は良いかな。【機能性・使いやすさ】コンパクトなハイレゾアンプ(USB DAC付)、必要にして十分な機能。セットアップも問題なく完了。雑然としたPC卓に置く場合やメカオンチの家人対策としても大切で、普通の人の生活シーンにぽろっと置いてあってよい真空管アンプになってます。